読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地元の氏神様で厄入り、厄抜けの神事に参加

24日(日)午前10時から私の故郷である宿毛市小筑紫町大海の神社で、合同厄抜けの行事があり、毎年宴会には参加しているが、今年は娘の代わりに神事から参加した。
地域によって違うが、大海では厄入り、厄抜けを同時に行う。
初めに神社の前で該当者の皆さんの記念撮影、
f:id:nakanishi-satoshi:20160124193837j:image
女性が数え年19歳、33歳、男性が数え年25歳、42歳、男女共に61歳、73歳だ。今年は28人の該当者だそうだが、私のように代理もいる。
神社の中に輪を作り潜り抜けて玉串を奉奠し、お神酒を頂く。
f:id:nakanishi-satoshi:20160124194404j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20160124194656j:image
終了後は漁協の2階に移動し宴会だ、来賓祝辞は地元出身の岡崎利久宿毛市議会議長、挨拶の中で私の参議院選出馬にふれてくれた。
f:id:nakanishi-satoshi:20160124195734j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20160124195714j:image
写真はカラオケを楽しんでいる。私も歌ってきた。
雪がちらつき寒かったが、無事終了できた。