読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費税再値上げについて

「政府が22日に開いた3回目の国際金融経済分析会合に出席したニューヨーク市立大学ポール・クルーグマン教授は、デフレ脱却への手立てとして、政府は消費増税の先送りに加え、財政出動で歳出を拡大させて景気を刺激すべきだと主張した。」と報道されている。
16日の初会合では、米コロンビア大のジョセフ・スティグリッツ教授も増税に反対の立場を示した。
2人とも同じような考え方をもっている事は私も承知しており、この人選を見た時にほっとした。
為替が変動相場性の時には財政出動は効きにくいとの考え方が多数派だそうだが、麻生内閣財政出動は確実に成果を上げたと考えている。
安倍内閣には財政出動で景気回復に全力を尽くしてもらいたい。