読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政府の駐韓大使の一時帰国指示を支持する

6日(金)政府は韓国釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことを受け、長峰安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事を一時帰国させるなど4項目の対抗措置を決定したと報道されている。

一昨年の慰安婦問題に関する日韓合意で、日本が韓国に対し10億円を支払う事を決めた時、騙される事になるのではと懸念したが、やっぱりそうなった。

大使、総領事の一時帰国は、韓国がしっかりとした対応を取るまで出来るだけ長い期間のほうが良い。

5日夜の BSフジテレビ・プライムニュースに高村正彦自民党副総裁と岡本行夫外交問題評論家が出演し、日米関係など今後の日本の外交について語るインタビューがあった。

お二人の見識は大変素晴らしく、2時間きっちりと聞いた。

番組の最後に視聴者からのメール質問に答えるコーナーがある。

高村先生に対し「韓国の慰安婦像設置についてどう思うか」との質問があり、高村先生の回答を聞いて大爆笑した。

高村先生は「困ったもんだ… .しかし、北朝鮮よりは遥かにマシだ。… .我慢して付き合って行くしかない」と言われた。

確かに北も南も同じ民族だ、似たような国になる。

出来れば付き合いたくはないと私は思っている。