読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北大震災から6年

思い

今朝のニュースで宮城県の大川小学校で子供さんを亡くされた父親が何名か、外の方々に話をされているのを見た。

アナウンサーが、「やっと子供の死を語れるようになった」と親の話を紹介していた。

被災県に行けば悲しい話は数多くある、聞く方も辛い。

私の大学時代の親友で、アメリカに住む上林君は、津波被害を受けた故郷は見たくないと言って、日本に帰っても故郷である岩手県山田町には帰らない。

その近くの出身である、同じ中大少林寺拳法部の後輩も、自分も同じ気持ちですと言っていた。

被災県から避難している学童達に対するいじめ報道が後を絶たない。

教職員に対処能力がない。教育委員会が厳しく指導すべきなのに、その能力もないのか。