読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参議院外交防衛委員会

4月4日(火)午前10時から参議院買い込もう委員会が開催された日米、日豪、日英の物品または役務の相互の提供に関する協定の趣旨説明と質疑があった。

初めに質問に立った自民党の阿達雅志議員が、日韓情勢について、帰国させていた長嶺駐韓大使を本日帰国させた理由について質問した。

岸田外務大臣の答弁は「第一に韓国の大統領選挙対策、次期大統領が誰かを見定めてその対策をとること、第ニに北朝鮮に対する対策を日韓連携して取る必要があること、第三に釜山総領事館前の慰安婦像の撤去問題、第四に邦人保護に万全を期すためである」との事であった。

北朝鮮がいつ何があってもおかしくないという事であろうと思う。