読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸市から徳島市へ

30日(月)は全国海水養魚協会の総会に出席するため神戸市へ行った。高知市から高速バスで4時間弱で三宮駅に着いた、会場は三宮駅のすぐ側の勤労者会館の会議室。
この団体は養殖漁業の団体で四国、九州各県がほとんどだ、私も宿毛湾で10年間ハマチとタイの養殖をやった経験があり、支援国会議員団の会長である地元の山本有二代議士から紹介された経緯があった。
協会の専務は中平博史氏、宿毛市長のお兄さんだ。また、すくも湾漁協の安岡栄一氏が高知県の代表で参加していた。
山本有二代議士の配慮で協会の推薦が貰える事になり、香川県庵治漁協の組合長でもある嶋野会長さんには先月挨拶に出向き、その紹介で香川県漁連の推薦も頂いた。
この日は総会前の役員会で正式に推薦決定があり、総会前に挨拶の機会を頂いた。
三宮滞在1時間で徳島市へ向かった。高速バスで1時間50分、極めて快適、バスもJRだけで1時間ごとにあり、他に2社ある。徳島市民が気楽に神戸市へ買い物に行くはずだ。
ホテルに入り、テレビニュースで安倍首相と麻生財務大臣が会談するとの報道が流れていた。
車から降りる麻生財務大臣はソフト帽をかぶりボルサリーノスタイルだ、決まっている。
今朝のニュースでは、3時間にわたって話し合い、消費税増税再延期、衆議院の解散はしないという事で合意したとの報道を聞き安心した。