読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北朝鮮ミサイルがEEZ内に3度目の着弾

国防

今朝(6日)午前7時34分頃、北朝鮮西岸より、4発の弾道ミサイルが発射され、その内3発は我が国の排他的経済水域EEZ)内に落下したものとみられ、1発はEEZ周辺外に落ちた。

安倍総理参議院予算委員会に出席中で、私も傍聴していたが、「今回の発射は新たな段階の脅威となった」と述べた。

4発同時に発射して約1000キロを飛翔し、我が国の秋田県沖のEEZ周辺に全て正確に着弾させたのは初めてだ。

自民党では午後1時から党本部で、急遽「北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部」の会議を開催したので出席して意見を述べた。

f:id:nakanishi-satoshi:20170306145110j:image

執行部からは高村副総裁、二階幹事長、茂木政調会長、古屋選対本部長、橋本参議院議員会長、吉田参議院幹事長などが出席し、写真のように沢山の議員も出席した。

私は、どうせ回答は返って来ないだろうが、発射をいつの時点で確認したのか、それは米軍情報か自衛隊の情報か。それらをはっきりさせた上で対策を打つべきだ。

また、偵察衛星による監視情報の確立を急げ、陸上配備型のイージスアショアを予算前倒ししてでも早急に装備するよう、党から政府へ申し入れるべきだとお願いした。

質問の一部は回答があったが、数時間後に明らかになるであろう。

ミサイル防衛対策は遅れたままだ。