避難指示等を出す時期

今回の西日本7月豪雨災害で、私の地元宿毛市の住民に対して、あるテレビ局の記者から、避難指示を出すタイミングが遅かったのではないかとの誘導質問が複数あったと聞いた。

その誘導尋問には乗らなかったので、そういう報道は流れなかったそうだが、そんな報道姿勢はおかしい。

私が聞いた限りでは、朝方になって急に水かさが増したとの話が多かった。

私の妻の話では、宿毛市の放送があったが、雨の音でよく聞き取れなかったとの事だ。

外はまだ暗かったので避難するには危険が伴う。

近い所に安全な避難場所があれば別だが、そう多くはないだろう。

大月町では橘浦地区では裏山が崩れ、寝ている側に土砂が来た話や、二階で寝ていて間一髪助かった話を聞いた。

また、安満地地区は区長さんが、まだ暗いうちから異常な雨に気がつき、警戒するよう放送したとの話も聞いた。

この地域は平成13年(2001年)9月6日の西南豪雨災害でも被害を受けているが、今回は床上浸水被害がその時より多い。集落に至るまでの道路の土砂崩れも多い。

自宅から離れて避難所へ行くのが良いのか、自宅の2階へ移動した方が良いのかは、自宅がある場所の状況と時期次第で、本人が判断するしかないだろう。

また、地域の消防団員が活躍してくれて被害者を出さずに済んだとの話も聞いた。

消防団に対する予算も充実すべきであろう。

今回、土砂災害を受けた方から、裏山に砂防ダムを作ってくれとの要望を出していたとの話をいくつか聞いた。小さな物て済む。大切な事だが、予算が足りずに実現出来ていない。

今後は災害予防という観点から予算投入すべきだと思った。

このブログを書いている最中の午前4時34分に、茨城県沖を震源とする震度4の地震があり、書くのを一時中断した。M4.8と報道されている。

首都圏直下型大地震南海トラフ地震、北海道釧路沖地震などが予想されているが、いつ、どこで何が起きても不思議ではなくなった。

今日回った被災地

今日も一日中被災地を回った。

昨日中平富宏市長からもらった資料では、宿毛市内の浸水住家は574軒、まだ後片付けが済んでいない家も結構ありました。

宿毛市小筑紫町田ノ浦地区

f:id:nakanishi-satoshi:20180715224914j:image

この神社のすぐ左隣に私の同級生の家があり、その息子の話では、この写真の右手2本目の杉の大木は2〜3メートルほど下に移動している、写真の左側にももう一本あるので、次の雨で倒れる。すぐに伐採してほしいと言ってます。
f:id:nakanishi-satoshi:20180715224849j:image

上の写真は宿毛市池島地区に通ずる市道の崩落現場、写真の真ん中辺りに市道があった。幸い北側に別の市道があり、池島地区は孤立してはいない。
f:id:nakanishi-satoshi:20180715224903j:image

大月町柏島地区の巨岩の崩落現場、ここはテレビで何度か放映されている。一つは片付いていたが、この巨岩はまだ片付いていない。
f:id:nakanishi-satoshi:20180715224857j:image

大月町安満地地区、入ってすぐの幅5メートルほどの川ですが、土砂で埋まり写真右手の家が十数軒床上浸水しておりました。

乾区長さんの話では、この川に埋まっている土砂は高さ1メートル以上ある、早く取り除かないと次の大雨でまた浸水被害が出るであろう。

地区全体が相当高い浸水被害で、まだ日の出前から消防団が住民の救助によく活躍してくれた。おかげで死者が出なかった、との事でした。

f:id:nakanishi-satoshi:20180715230128j:image

上の写真の地域は床上浸水が多く、まだ後片付けも消毒も済んでいない家が多い。

この安満地地区は集落に入るトンネルの手前が土砂崩れ、そこから集落に入るまでにさらに4ヶ所の土砂崩れがあった。

また、土砂崩れで犠牲者の出た一切地区の現場も見た。おそらく一瞬のうちに全壊したのであろう。ご冥福を祈りました。

地元の被災の状況

14日(土)午後2時半頃、被災後初めて地元へ帰った。

偶々この日、尾崎知事が私の地元宿毛市と大月町に二度目の現地視察を行なっており、宿毛市で合流した。高知県職員も沢山来ており、大月町では岡田町長、加藤漠県議、今城誠司県議が、宿毛市では中平富宏市長、両県議が同行しました

下の写真は大月町弘見の河川災害の現場、中央の防災服にゴム長靴を履いているのか私、その右手が尾崎知事です。

f:id:nakanishi-satoshi:20180714220951j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20180714221004j:image

次は大月町橘浦地区、ここが一番被害を受けていた。

f:id:nakanishi-satoshi:20180714221141j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20180714221129j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20180714221136j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20180714222023j:image

自衛隊第50普通科連隊の皆さんと宿毛JCの皆さんがボランティアで土砂を運び出してくれていた。小型ユンボが入っている両側の家は1階が土砂で埋まった。間一髪で住民は助かった。

皆さんに感謝です。地域の皆さんから自衛隊員が人力で黙々と土砂を片付けるスピードの速さに感謝の声が多く聞こえました。

次は宿毛市高石地区の農地災害の様子です。

f:id:nakanishi-satoshi:20180714221943j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20180714221927j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20180714221933j:image

最後にかろうじて浸水を免れた我が家の玄関前です、道路は30センチほど冠水しております。

f:id:nakanishi-satoshi:20180714223349j:image

 

党政調、中小企業対策

13(金)午前8時から、党本部で中小企業・小規模事業者政策調査会が開かれ出席した。

冒頭、今回の西日本豪雨災害について報告があった。

 7月6日に災害救助法が適用されたことを受けて、被災中小企業・小規模事業対策を実施した。

なお、7月12日現在高知県をはじめ10府県、101市町村に災害救助法が適用されている。

これまでに、特別相談窓口の設置や、日本政策金融公庫による災害復旧貸付(別枠で1億5,000万円等)の支援策がとられている。

災害復興支援の自衛隊員に感謝

12(木)朝、土砂災害にあった私の地元大月町橘浦の山本区長さんから電話があった。

今日の午後から土砂に埋まった4軒の家の復旧支援に自衛隊員が来てくれる。この件について(高知県香南市に駐屯する)陸上自衛隊第50普通科連隊第2中隊長が真摯に対応してくれた。

橘浦地区の役員一同心より感謝をしている。ついては私からも中隊長に感謝の言葉を伝えてほしいとの事であった。

早速第2中隊長と、以前から懇意にしている業務隊長にお礼の電話をした。

第50普通科連隊では12日午後から120〜130人規模で橘浦地区に入り、第1〜第3中隊が交代で復興支援にあたってくれるとの事でした。

私からも心より感謝を申し上げます。

また、12日は朝から自民党の二階幹事長が高知へ入り、高速道路の崩壊現場を視察して、県議団との意見交換会も行われたという。

私は参議院自民党の国対、議運のメンバーであるため、今日の委員会が終了するまで国会を離れる事が出来ない。

 

参議院選挙制度改革法案が参議院で可決

昨日に引き続きこの日も、政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会は変則的な時間帯で質疑を続行、石井浩郎委員長に対する昨日の問責決議、本日の不信任案などの否決などを挟んで質疑を終了した。

議院運営委員会も断続的に開会され、18時20分から参議院の本会議開会が決まった。

本会議では先日の西日本豪雨災害で犠牲になられた皆様に黙祷の後、全会派が賛同して豪雨災害に関する議決があった。

その後、選挙制度改革法案が上程され与野党5人が討論の後採決、立憲民主党などの議員が退席の後、自民党公明党などの賛成多数で可決され、19時46分散会した。

前回の参議院選挙の後しばらくの間は、私は合区解消は参議院自民党でもまとまらないであろうと感じていた。

それが、自民党内では、憲法改正によって参議院では最低でも各都道府県から1名の代表を選出できるよう改正するとの意思統一がはかられた。

その背景には吉田幹事長をはじめ参議院自民党幹部の強い意思と、全国知事会など地方6団体の後押しと、35の県議会が合区解消の意見書を可決してくれたことが大きかった。

今回、憲法改正による合区解消が来年夏の参議院選挙に間に合わないために、変則的な改正案となったが、地方6団体と35の県議会の合区解消の思いを実現するためにはこの法改正しかなかったと思っている。今後は衆議院で審議される。

自民党がこの法改正案を提出した時、高知・徳島の飯泉、尾崎両知事が、この改正案でやむなしとの趣旨のコメントが新聞に載っていた。

それが、前回の参議院選挙で合区とされた島根、鳥取、徳島、高知4県の多くの県民の思いであろうと思う。

今後は、憲法改正によって最低1人の代表を選出できる制度を目指して行く。

 

豪雨災害宿毛市

私の地元宿毛市は人的被害がなかったので報道されないが、先程、中平宿毛市長に電話したら予想以上に被害が出ていた。

浸水被害は床上床下合わせて300軒以上、あちこちでガケ崩れもあるという事であった。