読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京宿毛会に出席

22日(土) 午後4時30分から東京在住の宿毛市出身者の親睦会である「東京宿毛会」に初めて出席した。

この会は県議時代に何度か案内を頂いていたが出席する機会がなかった。

会長の伊賀朗氏(あきうじ)氏は江戸時代の宿毛の殿様の子孫だそうだ。

宿毛市からも中平市長、立田宿毛商工会議所会頭をはじめ14名が出席し、総参加者は六十数名だという事であった。

日本芸術院会員で文化功労者の奥谷博画伯、最近お知り合いになり初対面であった岡添亨、久しぶりに再会した居酒屋「酒楽」の佐竹のオヤジさんなどと楽しい話ができた。

伊賀会長の話では、この会は元々「吉田茂を語る会」として発足したそうで、会長が学生時代には吉田内閣の副総理であった林譲治先生などそうそうたる会員がいたそうだ。

また、会場で配られた「土佐すくも人」という小冊子には、前会長の後藤英輔氏(元公正取引委員会委員で、昨年96歳で他界された)が平成11年に寄稿された「浜口庫之助の思い出」という文を興味深く読ませて頂いた。

作曲家・浜口庫之助氏は後藤英輔氏の2つ上で旧制中学時代からなくなるまで親友であったそうだ。

浜口庫之助氏は神戸生まれだが父親宿毛市坂ノ下の出身で、子供の頃は夏休みによく宿毛へ帰っていたそうだ。

林さすが氏が宿毛市長の時にその話は聞いていた。今は生家ないが石碑が残っている。

この小冊子には浜口氏の未亡人である浜口真弓さんの寄稿文も載っている。

宿毛からは明治時代には維新に貢献した吉田茂先生の父・竹内綱、その長男で小松製作所の創立者である竹内明太郎、明治10年の西南の役当時に鹿児島県令を務め、西郷隆盛先生をはじめ反乱軍戦死者を葬い、今も城山墓地に石碑の残る初代北海道庁長官を務めた岩村通俊、その弟の林有造(明治時代の逓信大臣、農商務大臣)、岩村高俊(貴族院議員)の三兄弟などそうそうたる人々が出ているが、その子孫の方達も出席されて親しくお話を聞く事が出来た。

 

 

 

宿毛市の防衛省要望活動に同行

21日(金)、ここ数年毎年行っている、中平富宏宿毛市長、岡崎利久市議会議長、立田雅弘宿毛商工会議所会頭の防衛省への要望活動に中谷元代議士、加藤漠県議と共に同行した。

今年は尾崎知事も初めて同行された。

今回は、これまでより前向きな回答を頂いたが、全国の自治体から基地設置要望があるそうなので競争率が高い。

f:id:nakanishi-satoshi:20170422093027j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20170422093048j:image

初めに黒江防衛事務次官、豊田大臣官房長へ要望。

次に高橋整備計画局長へ要望、ここが事務方の担当部署だ。

f:id:nakanishi-satoshi:20170422093346j:imagef:id:nakanishi-satoshi:20170422093359j:image

次に村川海上幕僚長

f:id:nakanishi-satoshi:20170422093608j:image

最後に河野統合幕僚長へ要望した。

f:id:nakanishi-satoshi:20170422095134j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20170422093731j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20170422093816j:imagef:id:nakanishi-satoshi:20170422093854j:image

自民党政調会、安全保障調査会

本日午後2時30分から、自民党本部で政調会の安全保障調査会・国防部会の第9回合同勉強会が開かれた。

初めに北朝鮮のミサイル発射失敗に関する説明があったが、「あれは米軍のサイバー攻撃か」などという質問もなくすぐに終了。

今回は防衛省から統合幕僚監部陸上幕僚監部海上幕僚監部航空幕僚監部の各防衛部長が出席して各自衛隊の現状と課題についての話があり、その後質疑が行われた。

この会で制服組が発言したのは初めて見た。

北朝鮮情勢が緊迫している中で写真のように座席が足りないほどの盛況であった。

f:id:nakanishi-satoshi:20170419182712j:image

中谷前防衛大臣が真っ先に積極的に発言された後、多くの議員から質問があり、私も陸海空の統合運用や、南シナ海の航行の安全確保等について質問した。

f:id:nakanishi-satoshi:20170419182945j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20170419183143j:image

2時間にわたり熱い議論が続いた。

自民党の財政政策勉強会

19日(水) 12時から参議院自民党の政策審議会の勉強会が開かれた。講師は菊池英博・日本金融財政研究所所長、テーマは「経済成長によるデフレ脱却と財政健全化」、西田昌司参議院議員が招いた方だ。

菊池英博氏の35分間の話の後質疑が行われた。

財務省からは主計局次長が出席し、財務省プライマリーバランス政策について、菊池氏からも、西田議員はじめ何人の議員からも厳しい質疑があった。

私も参議院予算委員会で麻生財務大臣に質問したとおり、財務省プライマリーバランス重視政策を一時中止して、当初予算で長期的に財政出動を増額しなければデフレから脱却出来ないとの意見だ。

菊池氏の話の中で、浜田宏一内閣官房参与の金融緩和政策に対する批判の話があった。

これは月刊文藝春秋の今年3月号?に掲載された記事で読んだが、安倍内閣の金融緩和政策は必要なかったという点について疑問を持っていたが、その点については安倍総理に近い議員から反論があり、私はこの議員の話に納得した。

また、財務省出身の議員からは、浜田宏一氏も考え方を変え、財政政策を重視する考え方に変わっているとの話があった。

菊池氏は、財政出動を増やしてデフレ脱却政策を自民党政治家主導でやってもらいたいとまとめられた。

大変勉強になった。

参議院議院運営委員会の懇親会

f:id:nakanishi-satoshi:20170413193522j:image

本日午後6時から参議院議長公邸で議院運営委員会の懇親会が開かれた、この日は庭を解放してバーベキューパーティー、初めての経験でお隣の愛媛県選出の山本順三委員長と記念撮影です。いろいろな桜が満開です。

昨日、衆議院厚生労働委員会で当初の約束と違って民進党議員が、法案と異なる森友学園問題を質問した為に衆議院の審議が止まっており、その原因は民進党のルール破りにある事を産経新聞は報じていた。

その件について持論を書こうと思ったが、今夜の懇親会で民進党吉川さおり筆頭理事と話していたら、細野豪志議員が民進党の代表代行を辞任したというニュースを聞いたのでその気もなくなった。

(追記)

最後は残っていた皆さんで記念撮影をした。

f:id:nakanishi-satoshi:20170415112436j:image

北朝鮮情勢その2

今朝の産経新聞に、ワシントンからの配信記事で、トランプ大統領が米経済専門局FOXビジネスのインタビューに答えて、第1空母打撃群を朝鮮半島周辺へ急派したことについて「非常に強力な大艦隊を送った。空母よりも強力な潜水艦も持っている」と述べ、核・ミサイル開発を進める北朝鮮が挑発に出た場合は軍事行動をためらわない決意を示した。と報道されている。

数年前、北朝鮮が核実験をした時だったかに米海軍高官が、日本周辺海域に戦略型潜水艦を配置した。と発言した事があった。

戦略型潜水艦とはトライデントミサイル搭載の大型潜水艦だ、今回の大統領発言は戦略型潜水艦を指すのかもしれない。

昨日、朝は自民党本部で外交部会、お昼には参議院自民党の政策審議会でこの件で防衛省、外務省から報告を受け質疑もあったがマスコミ報道と大した違いはなかった。本当に情報がないのかどうか分からないが、ガッカリした。

今朝のテレビ報道で、米軍が北朝鮮攻撃をする時には日本に事前協議をするとのニュースを見た、これが精一杯であろう。

 

北朝鮮情勢緊迫

北朝鮮の度重なるミサイル発射に対し、今回は米国が「言うことはない」「発射から着弾まで監視していた」という発言をした。

今までとは違う反応だ。

米国の北朝鮮攻撃がいろいろなメディアで流れている。

6日(木曜日)に午前10時から参議院外交防衛委員会が開催され、この問題を取り上げた議員も複数いた。岸田外務大臣も稲田防衛大臣もいつも通りの雰囲気で答弁し、取り立てて緊張感は感じられなかった。

7日には米海軍がシリアへトマホークミサイルを撃ち込んだ。北朝鮮ではなかった。

今朝のフジテレビの「報道2001」で、東アジア地域に米海軍の二つの空母打撃群と強襲揚陸艦が2隻派遣されていると報道されている。

米国が北朝鮮へいつでも侵攻できる体制を整えているのであろう。