自民党総裁選挙投開票

13時より自民党本部8階ホールで、自民党総裁選挙の投開票が行われ、安倍晋三候補が地方票 224票+議員票329票、合計553票、石破茂候補が地方票181票+議員票73票、合計254票を獲得し、安倍総裁の当選が決まった。

なお、高知県の党員票は石破 3,778票、安倍 1,499票で石破さんの圧勝でした。

f:id:nakanishi-satoshi:20180920144803j:image

投票する石破候補、
f:id:nakanishi-satoshi:20180920144807j:image

投票後は両院議員総会が行われた。
f:id:nakanishi-satoshi:20180920144811j:image

総会では安倍、石破両候補が堅い握手を交わし、一致団結して国政運営に当たることを誓った。
石破陣営の支援議員は50名未満から始まったので73票は健闘と言えるだろう。また、白票が3票あったがこれも批判票か。

また地方票はダブルスコアで石破候補の負けというマスコミの調査結果が出ていた。

224票対181票は健闘といえるが、もう少し追い込んだと思っていた。なお、10県で石破さんが勝った。

しかし、石破候補が総裁選挙を戦ったことは大きな意義があった。

選挙の前に12時から自民党本部704会議室で、石破候補と支援議員が参加して昼飯会があり、カツカレーを食べながら団結を誓った。

f:id:nakanishi-satoshi:20180920150442j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20180920150435j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20180920150438j:image

渋谷午後5時45分 石破演説会

渋谷駅ハチ公の近く車道に朝風号は止まってます。

司会は東京都4区選出の平将明議員です。

f:id:nakanishi-satoshi:20180919211550j:image

東京都22区選出の伊藤達也議員です、
f:id:nakanishi-satoshi:20180919211555j:image

東京都連会長でもある東京都13区選出の鴨下一郎議員です。
f:id:nakanishi-satoshi:20180919211810j:image

参議院の尾辻選対本部長です。

f:id:nakanishi-satoshi:20180919211930j:image

高知県選出の中谷元議員です。
f:id:nakanishi-satoshi:20180919211935j:image
参議院を代表して岐阜県選出の渡辺猛之議員です。続いて石破候補の登場です。40分以上日本の将来を語りました。
f:id:nakanishi-satoshi:20180919211946j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20180919211926j:image

石破さんを支持して本当に良かったと思っています。

名古屋駅前の街頭演説

午後5時から名古屋駅前で街頭演説、地元愛知県の県議、名古屋市議が多数参加していただいた。

水月会の同志も集結、私が着いた時には後藤田正純衆議院議員の司会で、山本有二衆議院議員が応援演説をしており、道路沿いでは、石破候補と田村憲久神山佐市門山宏哲衆議院議員が手振りをしており、そこにに田所議員と私が加わった。

また、地元の八木哲也衆議院議員は選管委員の為、裏方に回って目立たずに応援した。

名古屋市議会議員、愛知県議会議員の各代表の応援演説の後、石破茂候補の登場。

この時には我々国会議員は全員車の上に上がり、自己紹介をさせて頂いた。

石破さんの演説に聴衆は大きな拍手を送り、時には同意の声援をかけ、大変盛り上がった演説会であった。(写真は後で追加します)

午後6時33分名古屋駅発、8時13分東京駅着の新幹線で東京へ戻った。

熱いが充実した一日でした。

 

広島県で街頭演説会

午前7時高知駅発、11時から広島県尾道市のアーケード街の郵便局前で街頭演説会、私と茨城県選出の田所嘉徳衆議院議員が応援演説。暑い!

f:id:nakanishi-satoshi:20180918142736j:image
f:id:nakanishi-satoshi:20180918142732j:image

続いて福山市へ移動、駅南口広場で街頭演説会。

f:id:nakanishi-satoshi:20180918143011j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20180918143018j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20180918143038j:image

炎天下1時間の演説会、皆さん熱心に耳を傾けてくれる。

これから名古屋駅に移動します。

 

総裁選挙演説会

15日(土) 正午から京都市全日空ホテルで総裁選挙の演説会があり、応援に行った。

f:id:nakanishi-satoshi:20180915173043j:image

会場は相当大きく8割の入りか?

f:id:nakanishi-satoshi:20180915173209j:image

一足早く石破茂候補が会場入りして挨拶に回っていたが、なかなか人気がある。
f:id:nakanishi-satoshi:20180915173212j:image

演説会には自民党の選管から野田毅委員長と八木、磯崎、二之湯委員が出席していた。

始めに安倍総裁が演説、持ち時間は15分ずつ、安倍総裁はこれまでの景気回復の実績を数字をあげて語っていた。

私は地元へ帰る新幹線の時間が迫っていたので途中で会場を出た。

ところで、今日の8時47分の東京駅発の新幹線のぞみは満席、最近新幹線に乗る機会が多いが、満席は始めてだ。

3連休である事と北海道への観光客が地震の影響でこちらへきているせいか、羽田空港から高知空港徳島空港へいく午前中の便も満席で取れなかった。

話を総裁選挙に戻すと、最近大手の新聞記者と週刊誌の記者から取材を受けた。

取材の趣旨は両者共に、安倍優勢が伝えられる中で、あえて石破さんを応援する議員の話が聞きたいということである。

私は、石破さんの防衛政策と地方活性化政策に共感する事を述べた上で、自民党総裁選挙は安倍優勢であろうが、国民の指示は半分にも届かない。

そういう状況では国民の皆様の前で政策論議をきっちりやらなければ、今後自民党は国民の支持を失うと思う。

その点から石破さんが出馬した事は、日本の将来にとって大きな意味がある。

また、石破さんは連日地方で演説会や街頭演説を続けているが、何処も盛況である。これも自民党にとって大きなプラスになる。

石破派に対する安倍総裁支持議員から圧力があるかどうかの質問もあった。

全く無いわけではないが殆ど聞かない。圧力でフラフラする議員なら初めから石破派には入らない。

この回答をした後で、昨日千葉県の演説会で斉藤農林水産大臣が「石破を応援するなら大臣の辞表を出してからにしろ」と言われ、「石破派と承知で大臣に指名したのだろ」と反論したとの話が流れた。

斉藤大臣、天晴れ‼︎天晴れ‼︎ 本物の武士だ‼︎

私は、18日午前11時から広島県尾道市で街頭演説会、午後1時30分から福山市で街頭演説会、午後5時45分から名古屋市で街頭演説会に同行する予定だ。

[追記]

このブログは宿毛へ帰る汽車の中で書いているが、書き終わった途端に京都から佐賀県に移動した石破候補に同行している議員からメールが届いた。

ここでも石破さんは凄い人気だそうだ。

 

IHI瑞穂工場を視察

14日(金) 午後1時から、次期戦闘機用エンジンを開発中のIHI瑞穂工場を視察した。

本来なら数日前に視察する予定であったが、私の都合で延期したら、この日大塚拓先生のグループが視察するとの事で私も参加させてもらった。

次期戦闘機のエンジンを開発していることはマスコミ報道で知っていたが、今年になってIHIから詳しい説明を受け、私の認識以上に開発が進んでいる事を知った。

今年の7月にXF9-1というエンジンがIHIから防衛省に納入され、横田基地に隣接するIHI瑞穂工場で実験が続いている。

始めに会議室で、防衛装備庁、IHI社の職員からエンジンの開発、実験状況について説明を受けた。

f:id:nakanishi-satoshi:20180915094427j:image

(上の写真は実験終了後、エンジンの温度が下がった時間にエンジンの前で記念撮影、左から3人目が私)

このエンジンの推力はアフターバーナーを使って15トン、使わなくても11トンの推力を出す事が出来る。

アフターバーナーなしで超音速飛行が可能になり、世界でも一級のエンジンとなる。

アフターバーナーは2度燃焼させるシステムで、F15戦闘機など、現代の戦闘機では殆どの戦闘機に備えられているが、大量に燃料を消費するので15分から20分程度しか使用できないようだ。

米国のF22ラプター戦闘機はアフターバーナーなしで超音速飛行が可能であるという。

これまでもT4練習機、ステルス実証実験機X2など国産エンジンは開発されてきた。X2のエンジンは推力5トンであり、いきなり15トンは凄いことだ。

このエンジンの特徴として、説明書には5つの特徴が書かれてある。

第1は線形摩擦接合(LFW)技術である。

これはタービンを一つの金属の塊から削り出すのではなく、特殊な技術で溶接するものである。

これにより、高価なチタンを無駄にする事がなくなり、大きなコストダウンに繋がった。

第2にタービン冷却技術である。

詳しく書けないが、タービンは1800度の温度に耐えられるようになっている。

1300度を超えると大概の金属は溶けるそうだが、この問題を解決した。
第3に新世代単結晶材料、第4がタービン・ディスク材料技術であるが、これらは説明し難い。
第5にCMC:セラミック(SiC:炭化珪素)をセラミック(SiC)繊維で強化した軽量・高耐熱の複合材の使用だ、エンジンの排気口で実験中であった。

この他にエンジンに取り付けてある発電機も凄い。

現代の戦闘機はレーダーを始め電気を大量に使う、その為にエンジンの排気でモーターを回して発電する。

モーターの直径は10センチほど、全体の大きさも40センチほどの小さな発電機だが、F22戦闘機の発電機と比べて数倍の発電能力があるとの事であった。

これから数年かけて実験を続け、順調にいけば数年後には戦闘機に積んでの実験にこぎつける。

是非実現してほしい。

多くの国民は、日本の技術では戦闘機のエンジンの開発は難しいだろうと思っている。私も国会議員になる前はそう思っていた。

これだけの戦闘機用エンジンを開発中のIHI社の技術力を多くの国民に知って頂きたい。

また、IHI社ではF15戦闘機やT4練習機、ヘリなど数種類のエンジンのオーバーホールも行なっており、その現場も案内して頂いた。

IHI社の皆様有難うございました。

愛媛県を車で回る

11日(火)は沖縄から松山へ午後3時25分に到着、午後6時50分にいったん高速バスで高知市へ戻った。

和歌山県高野山から来た友人と高知市在住の2人を加えて会食した。

皆さんニューギニアポートモレスビー攻略作戦を戦った南海支隊遺族会の特別会員の仲間だ。久しぶりの再会で話が弾んだ。

12日(水) 午前6時40分、高知市のホテルを車で出発、午前8時45分に松山空港へ行き、東京から来る山本有二代議士を出迎え、合流して宣伝カーで石破茂候補の音声を流しながら松山市を回った。

山本有二代議士が電話して中村時広愛媛県知事を表敬訪問した。

愛媛県議会は今日が9月議会の開会日で、開会前の忙しい中で中村知事は時間を取ってくれた。

山本有二代議士から四国新幹線の話があり、中村知事からは大変前向きな話を聞かせて頂いた。

その後また車で流し、午後2時半過ぎから松山市内のホテルで某県議会議員と調査会社の社長さんから自民党総裁選挙の話を聞いた。

その後は国道11号線石破茂候補の声を流しながら高松方面へ向かった。

石破茂候補の音声を流しながら回る事がどの程度効果があるか分からないが、愛媛県民にとっては意外性があると思う。

途中で高速道路に乗り高松空港へ向かったが、以外と時間がかかり、高松空港へ着いたのが午後7時05分、ウドンを食べる時間もなく飛行機に山本代議士と二人で飛行機に乗った。