一部マスコミの印象操作

 6月23日(金) 産経新聞の阿比留瑠比氏の書いた「極限御免」記事によれば、【加計学園の問題は朝日新聞の5月17日付朝刊の一面トップ記事「新学部『総理の意向』」「文科省に記録文書」がきっかけだ。】と書かれている。

また、【この記事に添えられた「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題された文書の写真が不可解である。写真はなぜか下側が暗く文字がよく読めないが、文科省が15日に発表した同様の文章を見ると、その部分にはこうある。

「『国家戦略特区諮問会議決定』という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか」

つまり安倍首相の指示だと取り繕ってはどうかというお話であり、逆に首相の指示などないことを示している。】

私は阿比留氏が指摘した朝日新聞の記事は確認していないが、ここまで書くという事は事実なのであろう。

この問題は6月19日のこのブログにも書いたが、参議院予算委員会でも野党議員による、わざと誤った印象を与える決めつけ発言があった。

そして、文科省の正式な文書と職員のメモ書きとを一緒くたにして印象操作をしている。

また、一部のマスコミは政府答弁を正確に報道しない。

地域を回って国民の意見を聞くと一部のマスコミの報道を鵜呑みにしている意見も聞くが、インターネットニュースを見ている方はしっかりと事実を把握している。

安保法制の時と同じである。困ったもんだ。

「昔陸軍、今マスコミ」この国を危うくする。

横須賀市長選挙の応援

21日(水) 18日告示となった横須賀市長選挙の応援に朝から行った。現職に2人の新人候補が挑戦する。

前回も書いたが、前横須賀市議である上地克明候補の義弟の山守さんが、中央大学少林寺拳法部OB会の会長で、私の4期後輩にあたる。

彼には私の参議院選挙でお世話になっており、その恩返しの一端です。

この日は朝から雨、10時頃に横須賀市に着いたが、段々雨が激しくなった。山守さんの知り合いの方や少林寺拳法の関係者の所を回ったが、途中で傘が役に立たない程の暴風雨、こういう時こそ、尋ねられた方は印象が強い、効果はある。

上地候補の選挙事務所を訪れたのはお昼過ぎで、候補者にも、小泉進次郎衆議院議員にもお会いする事が出来た。

また、自民党本部からも応援が入っており、2人は旧知の職員で現地の情勢を聞いた。

現職にかなり迫っている状況らしい。日曜日が投票日だ、何とか当選してほしい。

国会閉会後のマスコミ各社の世論調査結果

通常国会閉会後のマスコミ各社の世論調査結果が出た、ただしFNN・サンケイの結果は出ていない。

それによると、内閣支持率は前回調査に比べて6ポイントから最大12ポイントのマイナス。

自民党の支持率は 2ポイントから9ポイントのマイナスだが、共同だけ9ポイントのマイナスで突出しており、日テレがマイナス2.4、読売がマイナス2ポイントであった。ちなみに読売の民進党支持率は6ポイントから7ポイントへの上昇のみ。

メールに関して、政府は初めから調査しないとの態度をとったことに対する批判だろう。

官房長官は「メールの自分に関する部分は事実と全く異なる、また他にも事実ではない部分があったので怪文書の様なものと発言した」と答弁したが、それが国民に十分伝わっていないか、理解されていないということであろう。

また、民進党が提示したメールは、内閣府文科省に残っているメールとは違う部分がある事も判明した。

金曜日の国会最終日、参議院予算委員会社民党福島瑞穂議員のこんな質疑があった。
荻生田光一官房副長官が、学部新設の条件を修正したと質された件で「この件に関して私が修正を指示した事はない」と何度も答弁し、山本幸三大臣も「指摘する文書に書かれている事は、このメールを書いた内閣府職員に確認したところ、伝え聞いた曖昧な内容で事実関係を確認しないまま発信した」と答弁しているにもかかわらず、福島瑞穂議員は「荻生田官房副長官が修正を指示した」と決めつけた発言をした。また他にも似た様な決めつけ発言があった。

都議選を控えて、東京選挙区の荻生田官房副長官へのマイナスイメージ作りであるが、これはひどいと思った。

山本農林水産大臣と佐藤水産庁長官が宿毛入り

 17日(土) 山本有二農林水産大臣と佐藤一雄水産庁長官、漁業調整課櫻井課長補佐、内田計画課課長補佐の4名が大月町、宿毛市を訪れ現地視察と水産業関係者と意見交換を行った。

この日は午前8時10分羽田空港発の飛行機で高知を訪れたが、山本大臣、佐藤水産庁長官も同じ便であった。

12時40分、大月町の「道の駅」のレストランで昼食会、

f:id:nakanishi-satoshi:20170618084814j:image

その後、柏島の全景が見える展望台で岡田大月町長からマグロ養殖イカダ等の説明を受けた。

f:id:nakanishi-satoshi:20170618084918j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20170618084940j:imagef:id:nakanishi-satoshi:20170618084951j:image

(写真左から山本大臣、私、佐藤長官、岡田町長、櫻井課長補佐)

午後3時から、すくも湾漁協の会議室で浦尻和伸組合長はじめ10名の水産業関係者、高知県水産振興部幹部職員、加藤、今城両県議、中平宿毛市長、市議会、岡田大月町長、町議会関係者と意見交換会を行った。

f:id:nakanishi-satoshi:20170618085337j:imagef:id:nakanishi-satoshi:20170618085344j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20170618085404j:image

1時間30分の意見交換会では話が尽きず、宿毛市の秋沢ホテルでの懇親会に移動した。

f:id:nakanishi-satoshi:20170618085542j:image

この席では美味しい料理とお酒で大いに盛り上がった。

水産庁長官はじめ職員も現地には出向いているそうだが、現地の事は生の声を聞かないと分からない。そういう意味では大きな成果があったと思う。

山本大臣はじめ関係者の皆様、有難うございました。そしてお疲れ様でした。

加計学園問題について

昨日開かれた参議院予算委員会で、野党の各党は相変わらず加計学園問題を取り上げて質問した。

この問題は、15日の産経新聞に前愛媛県知事の加戸氏の談話が二ヶ所に載っており、それを読めば、今治市獣医学部新設の活動を愛媛県と共に十数年前から行っており、当時は狂牛病鳥インフルエンザ問題などで獣医師が不足しており、四国四県の知事が連名で四国へ獣医学部新設の要望書を提出していた事などの経緯が書かれている。

また、民主党鳩山内閣の時にこの問題が一歩進んだとも書かれている。

自民党高村正彦副総裁は野党の追及を「野党の一部にあるゲスの勘ぐり」と発言したと批判されているが、私は高村副総裁の言う通りだと思う。

南シナ海で海自護衛艦と米海軍空母が共同訓練

今朝のマスコミ報道で、海上自衛隊は16日、南シナ海海上自衛隊護衛艦「いずも」「さざなみ」が6月13〜15日の間、米海軍の空母「ロナルド・レーガン」など艦艇数隻と陣形や通信などの共同訓練を行ったと発表した、と報道されている。

私は今月初旬に開かれた自民党政務調査会の国防部会で「南シナ海での日本の民間船舶の航行の安全を守る事は日本にとって重要である。中国の南シナ海での傍若無人な活動に対しては、日米と南シナ海周辺諸国の海軍が、南シナ海で共同訓練を行うことが中国に対する牽制になると思うが、その計画はあるのか、また、かつて南シナ海で日米豪などが共同訓練をした事があるのか」と質問した。

防衛省幹部の答弁は「南シナ海での共同訓練はないと思う」という事であったので、初めてではないかと思う。

南シナ海で、この共同訓練を継続して行なう事が日本の国益にとって非常に重要であると思う。

なが〜い2日間

14(水) 参議院で大きな動きがあり、徹夜国会となった。

朝8時に衆議院議員会館地下1階の会議室で「皇室の伝統を護る勉強会」に参加、9時15分に参議院自民党国会対策委員会室に入り、国会対策委員会、議員運営委員会、議員総会、本会議が始まり昼までは順調であった。

夕方からテロ等準備罪の取り扱いを巡って、自民党公明党が法務委員会の中間報告という形で本会議で採決する事を決めた為に与野党の攻防が一挙に加熱し、議員運営委員会も委員ではない野党議員が議員運営委員会が開かれる議長控え室に大勢入り、採決反対の怒号の中での開会となった。

発端は参議院法務委員会で民進党が、日本維新の東議員の質疑が始まった途端に質問を遮る形で金田法務大臣の問責決議案を提出した事だ、与党はこの行為を質疑を終了したものと判断して中間報告として本会議で採決する事を決めた。

本会議場では、参議院は通常押しボタンで採決をするのだが、この日はテレビで放映されたように、名札を持って登壇して投票する方法をとる事を自公が決め、13回も登壇して名札を入れた。

夜中の12時頃、国対委員には1時間半ほどの休憩時間が取れ、この間に宿舎へ戻ってシャワーを浴びた。

その後も断続的に本会議が開かれ、終わったのが15日(木)の午前7時45分であった。十数年ぶりに一睡もしない徹夜をしたが、思いのほか元気であった。

本会議終了後も国対委員は、国対理事会が開かれている間の20分ほどは自民党国対委員会室で待機、解放されたのは午前9時10分過ぎであった。

民進党議員は本会議場での討論や質疑の時間を全く守らないで当然のように時間オーバーする。

彼らの言い分は、時間制限する与党がおかしいという事だが、意に沿わない約束事であったとしても一度決まった事を全く守らない態度は間違っている。

また、議員運営委員会室に委員でない議員が大勢入って来て不規則発言をするのに、委員長が出て行けとも言えないルールはおかしい。

県議会の時は委員長が差配出来た。

その後も、午前10時から12時10分まで外交防衛委員会に出席、折から要望活動の為に上京中の自民党高知県議団と参議院の食堂で昼飯会、水産庁への要望活動に同行した。

f:id:nakanishi-satoshi:20170615200955j:image

(山本有二農林水産大臣への陳情)

その後宿舎へ戻り3時から1時間寝たら体力が回復した。

午後5時から都内のホテルで日華議員懇談会の総会、懇親会に出席した。

f:id:nakanishi-satoshi:20170615201101j:image

(写真は挨拶する謝長廷大使(代表))

この懇談会のメンバーは平沼赳夫会長をはじめ自民党民進党公明党など295名いるそうである。

この会で、台湾の政府関係者や、友人の奥様に会って驚いた。

ヘトヘトに疲れているはずだが、意外と元気な我が身体に自信を回復した1日でした。