参議院憲法審査会に出席

21日(水) 午後1時から参議院憲法審査会が開かれ、意見陳述を行う機会を与えられた。

参議院憲法審査会は45名の委員で構成され、自民党は24名、会長は自民党柳本卓治議員。

私は当初からの委員ではなく、この日初めて審査会に出席させて頂いた。地方議会と違って、委員が代わることは国会ではよくある。

f:id:nakanishi-satoshi:20180221232802j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20180221233832j:image

壇上が自民党の柳本会長、左側には岡田自民党筆頭幹事、

f:id:nakanishi-satoshi:20180221233503j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20180221232906j:image

憲法審査会では発言者は座ったままで発言する。

制限時間は5分以内なので、書いた原稿を読んだが、原稿を5分以内にまとめるのに苦労した。

発言内容は9条の改正について、午後3時8分閉会。

発言全文

自民党中西哲です、私は憲法9条改正について意見表明をさせて頂きます。
昭和21年(1946年)6月の衆議院本会議において、共産党野坂参三議員の「侵略戦争は正しくないが、自国を守るための戦争は正しい。憲法草案の戦争一般放棄という形ではなく、侵略戦争の放棄とすべきである」との質問に対して、吉田茂首相は「戦争放棄に関する本案の規定は、直接には自衛権を否定はしていないが、第9条第2項において一切の軍備と国の交戦権を認めない結果、自衛権の発動としての戦争も、また交戦権も放棄したものである。」と答弁致しました。
その当時の吉田茂首相は、日本の安全は将来の国連に守ってもらうという考え方があったと思われます。しかし、昭和25年6月の朝鮮戦争勃発により、国連が機能しないことが証明されたのであります。
朝鮮戦争勃発後、GHQは日本に対し、昭和25年(8月10日)政令警察予備隊を創設、その後保安隊を経て、昭和29年7月自衛隊設立となるわけです。
政府は昭和29年12月の衆議院予算委員会において、大村防衛庁長官が「自衛隊のような自衛のための任務を有し、かつその目的のため必要相当な範囲の実力部隊を設けることは、何ら憲法に違反するものではない。」と答弁し、この考え方が現在の政府まで引き継がれております。
また最高裁は、昭和34年12月(16日)の砂川事件判決において、憲法第9条第2項に関し次のように判示しております。
「我が国が主権国として持つ固有の自衛権はなんら否定されたものではなく、我が憲法の平和主義は決して無防備、無抵抗を定めたものではないのである。(中略)我が国が、自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛のための措置をとりうることは、国家固有の権能として当然のことと言わなければならない」
自衛隊は「盾と矛」にたとえられるように、長い間米軍との間で役割分担を行ってきました。
しかし、日本を取り巻く状況は大きく変わってきております。
1991年12月にソ連が崩壊し、軍事大国は米国のみの時代が続きました。
1996年、米国は世界に展開していた米軍基地を縮小するトランスフォーメーション戦略(ジョイントビジョン2010)を打ち出しました。
米国は軍事的1強が続く中で、財政難から軍事費の削減をせざるを得なくなり、2012年、米国議会は軍事費(約50兆円)の1割削減を決め、実施しました。この軍事費削減は翌年から元に戻ったのですが、
2013年9月 オバマ大統領はシリア情勢の緊張にあたり「米国は世界の警察官ではない」と発言しましたが、その背景にはこの軍事費削減があったのではないでしょうか。
このオバマ発言の半年後に、ロシアはウクライナに軍事侵攻しクリミア半島を侵略し、また、中国はこの時期から南シナ海で7つの岩礁を埋め立て、現在では3つの岩礁で滑走路を作り、軍事基地化しております。
2015年4月27日、日米防衛協力の指針、いわゆる新日米ガイドラインが合意されました
このガイドラインには、日本に対する武力攻撃が発生した場合として次のように書かれております。
「日本は、日本の国民及び領域の防衛を引き続き主体的に実施し、日本に対する武力攻撃を極力早期に排除するために直ちに行動する。自衛隊は、日本及びその周辺海空域並びに海空域の接近経路における防勢作戦を主体的に実施する。米国は、日本と緊密に調整し、適切な支援を行う。米軍は、日本を防衛するため、自衛隊を支援し及び補完する。」
ここには日本が攻撃を受けたとき、自衛隊が主体的に行動すると書かれており、そのための防衛力が必要とされます。
北朝鮮はここ数年、核実験、ミサイル発射実験を繰り返し実施し、その能力は急速に進化しております。また、中国は東シナ海南シナ海において急速に軍事力を強化しております。
これらの海域は、日本の貿易にとって大きな影響を持っており、同海域を航行する日本の船舶による輸送量は、日本の総貿易量の54%というデータもあります。
自衛隊警察予備隊として誕生して以来、行政機関の一部門と位置づけられており、他国の軍隊のように行政機関外の組織と位置づけられておりません。
その為に、自衛隊の行動基準、軍法会議等、我が国を守るために十分な法整備が必要であり、憲法を改正して自衛隊を国軍と位置づけたうえで、防衛力整備を進める必要があると考えております。」

 

参院外防委員会の沖縄視察その2

午前9時15分、参議院外交防衛委員会の理事とオブザーバーが、沖縄県庁で翁長知事と意見交換会を行った。

f:id:nakanishi-satoshi:20180221221337j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20180221221356j:image

翁長知事の会見はいつもフルオープンだそうでマスコミの注目は集まったようだが、内容は書くほどでもない。

10時15分、航空自衛隊那覇基地を訪問、上ノ谷司令の出迎えを受けた。

f:id:nakanishi-satoshi:20180221221554j:image

儀仗隊と音楽隊の出迎え受ける、右端の白い台に立っているのが三宅委員長、儀仗隊の写真がないのが残念。

f:id:nakanishi-satoshi:20180221221834j:image

ちょうどのタイミングでE-2C早期警戒機にスクランブル発進の命令が下り、発進準備中であった。

上の写真は準備中でまだ翼がたたまれている、下の写真はエンジンを始動し、上のレーダードームも回転している発進直前のE-2C機。

f:id:nakanishi-satoshi:20180221222047j:image

十数分後に発進準備が整い、発進した。

f:id:nakanishi-satoshi:20180221222143j:image

F-15戦闘機の説明では、性能などの説明があった。F-15戦闘機200機の内、半数は近代化改修が終わったが、それでも搭載したコンピュータはスーパーファミコン程度との説明を受けた。もっと高速のコンピュータを搭載できないのかな、ガッカリした。

しかし、それでも一流の戦闘機である。

f:id:nakanishi-satoshi:20180221222426j:image

その後、スクランブル発信の模擬訓練を行った。初めて見た。

f:id:nakanishi-satoshi:20180221222514j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20180221222845j:image

模擬訓練では、三宅委員長がスクランブル発進のボタンを押し、パイロットと整備員が戦闘機に走り寄り、5分以内にタキシングを開始した。

上の写真はF15戦闘機と、スクランブル発進訓練について説明する飛行群司令と左側の2名がパイロット。

その様子はビデオ撮影してあるので、明日ブログへ載せるが、これも初めて見た。感動した。

参院外交防衛委員会理事の沖縄視察

19日(月)午前7時55分羽田空港集合、8時25分発の飛行機で那覇空港へ向かう。

メンバーは三宅委員長、理事が自民党の塚田議員、猪口議員、中西、民進党の藤田議員、公明党の杉議員、オブザーバーとして、共産党の井上議員、立憲民主党の福山議員、沖縄の風の伊波議員が参加した。

那覇空港からバスで辺野古へ、辺野古の反対側にあるカヌチャリゾート着、昼食後防衛省職員から対岸の辺野古の埋め立て状況の説明を受けた。

f:id:nakanishi-satoshi:20180220082116j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20180220081843j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20180220082305j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20180220081907j:image

次は米軍普天間飛行場の見渡せる嘉数高台へ移動、普天間飛行場の状況説明を受けた。

f:id:nakanishi-satoshi:20180220082101j:image

写真にはMV22オスプレイが見える、この日は米軍の飛行訓練は休みだそうだ。

f:id:nakanishi-satoshi:20180220082251j:image

次は米軍のCH53ヘリの窓枠が校庭に落下した、宜野湾市普天間第2小学校へ向かった。

f:id:nakanishi-satoshi:20180220082610j:image

写真の私が立っているのが校庭に部品が落下した場所、わずか10メートルほど離れた所に小学生がいたという。

この学校は普天間基地に隣接しており、学校上空はヘリが飛行しない取り決めになっているそうだが、それが守られていないとの事で、屋上などに監視カメラを設置した上で、監視員を置いていた。

f:id:nakanishi-satoshi:20180220082849j:image

上の写真左側屋上に監視員がいる。

f:id:nakanishi-satoshi:20180220082934j:image

小学校屋上から見た普天間基地、すぐ側だ。

 

神田神保町、我が青春の街

f:id:nakanishi-satoshi:20180218153339j:image

昨日は中央大学少林寺拳法部のOB会が神田駿河台中央大学駿河台記念館であり、地下鉄神保町駅から歩いた。

今日は白山通り側にある「トンカツいもや」に昼飯を食べに行った。私の学生時代から変わらず営業している。
店内はカウンター席のみ、午後の1時半も過ぎているというのに、10人ほどが店内でカウンター席が空くのを待っている。私も10分ほど並んだ。
トンカツ定食800円也、相変わらず美味しい。

写真は2枚とも靖国通り側の今日の様子だ。

私が中央大学に通った頃は、大学はまだ神田駿河台にあり、週に2回程度は午後の稽古で、全員でこの通りを拳法衣を着て走って北の丸公園へ行き、武道館周辺で練習した。

卒業して数年後、就職したビル管理会社から派遣されたのが神保町交差点にある波多野ビルで、5年ほど勤務した。

未だに思い出深い、居心地の良い街だ。

 f:id:nakanishi-satoshi:20180218153308j:image

食事の後は三省堂書店までブラブラと歩き、本と文房具などを買って帰った。

自民党憲法改正推進本部の合区解消勉強会

16日(金) 午前8時から自民党本部で、憲法改正推進本部の参議院選挙区合区解消についての会があり、憲法47条などを改正する案が了承された。

執行部から提案されたのは、第47条を改正して参議院選挙では都道府県から最低1人が選出される案だ。

条文の文言について、何人かの議員から修正意見があった。

私は9時から隣室で安全保障調査会の勉強会があり、そちらに移動したが、会に残した秘書の話では、最終的に執行部に一任するということで了承されたようだ。その旨のマスコミ報道も出た。

自民党案としてまとまっても、与野党を含めて反対の声が多く、他党の同意を得るのは相当難しいのが現状だ。

しかし、自民党が合区解消でまとまった事に本当に感謝している。

9条改正案のみは、自民党案をまとめるに際して3分の2の国会発議、国民投票を考慮に入れるという意見が多い。

私は、それがおかしいと発言し続けた。

国会活動とCLT議連総会

昨日(14日)午前9時15分から参議院自民党国会対策委員会議院運営委員会参議院自民党総会、10時本会議と続いた。議題は人事同意議案で10分で終わった。午後も断続的に仕事が続き、夜は自民党議員との懇親会。

今日は昼は派閥の例会、国交省総務省のレクの後、午後3時から「CLTで地方創生を実現する議員連盟」の第5回総会に出席、高知県の尾崎知事が出席して高知県の現状報告があった。

また、高知県の事例報告の中で、私の地元の宿毛商銀信用組合の本社をCLTで建てた事例が報告された。

私も少し関わったが、本社屋はいくつかの表彰を受け、沢山の見学者が県外から訪れている。

f:id:nakanishi-satoshi:20180215185605j:image

(写真右端が尾崎知事、その左が岡山県真庭市の太田昇市長、その左は日本CLT協会の中島浩一郎会長)

f:id:nakanishi-satoshi:20180215185946j:image

(開会の挨拶を述べる石破茂議連会長)

f:id:nakanishi-satoshi:20180215190057j:image

(左の列に私がいます)

総会の前に国交省住宅局の官僚から、建築基準法改正のレクがあった。CLTで建物を建てる際の火災対策の基準が改正される。CLTの普及にとってはいい事だ。

f:id:nakanishi-satoshi:20180215190143j:image

(総会終了後も今後の展開を話し合う、右端が石破茂会長、真ん中が尾崎知事、左端が私)

この後は、午後4時30分から党本部で「戦没者遺骨帰還に関する特命委員会」に出席、意見を述べた。

 

建国記念の日をお祝いする高知県民のつどい

11日(日)午後1時から、高知市の高知会館で「建国記念の日をお祝いする高知県民のつどい」に参加した。

祝辞は、私と桑名龍吾県議会議員、加藤漠県議会議員も出席した。

私は自民党で行われている憲法改正推進本部での、私の意見を述べた。内容は2月8日にこのブログに書いたから省略する。

f:id:nakanishi-satoshi:20180211162601j:image

2部は政治評論家の加藤清隆氏が「日本はどうやったら生き残れるか?」と題して講演、私は次の予定があり、途中で退席した。

f:id:nakanishi-satoshi:20180211162830j:image

加藤氏は、冒頭「ここはちゃんと日の丸が掲げてある、日本各地で講演するが、保守団体でも日の丸を掲げている会場は少ない。」と話された。聞いていた私が以外に思った。まだまだ国旗に対する認識はそんなものであろうか。