読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知の自衛隊と建国記念日

11日(土) 午後12時より高知市内の高知商工会館で自衛隊高知地方協力本部の創設10周年式典と建国記念日を祝う会があり、午前9時に宿毛の自宅を出た。

宿毛を出た時から雪が降っていたが、10分ほど走って中村宿毛道路に乗る手前から大雪となっており、高速道路の反対車線は積もっていた。

四万十市中村はすでに雪が積もっており、黒潮町大方までは雪が降っており、高知市内までたどり着けるか心配であったが大方を過ぎると晴れており、窪川が少し降っていたが高知市内は晴れていた。

自衛隊高知地方協力本部はそれまでの高知地方連絡本部も含めると62年の歴史がある。

中谷元衆議院議員の後で祝辞の機会を頂いた。

f:id:nakanishi-satoshi:20170212064641j:image

f:id:nakanishi-satoshi:20170212071718j:image

地方協力本部の主な業務は自衛隊の広報と隊員の募集。

挨拶の中で、平成22年3月に陸上自衛隊第14旅団第50普通科連隊の高知駐屯の機会に、当時の竹田本部長と高知県議会防衛議員連盟を作った話をさせて頂いた。

また、募集に関しては南本部長が少子高齢化や高卒で就職する人の減少などで募集に苦労している話があったので、私が先週の7日に防衛省へ村川海上幕僚長を表敬訪問した際に、村川幕僚長から、とりわけ海上自衛隊の船乗りの希望が少なく人集めに苦労している話を聞いた事を紹介し、防衛予算は増えており、装備も少しずつ増えてはいるが、肝心の自衛官が定員に足りない。なんとか地方協力本部に頑張って頂きたいと話させて頂いた。

日本を取り巻く国際情勢が緊張感が増す中で、自衛官の増員は喫緊の課題であり、自民党内でも対策を求める声が上がっている。

午後1時30分からは高知会館で「建国記念日をお祝いする県民集会」に出席し祝辞の機会を頂いた。

ここでは天皇陛下のご譲位に対する私の考え方と憲法改正の話をさせて頂いた。

f:id:nakanishi-satoshi:20170212070402j:image

この日は県内各地で行事があるとはいえ、県議会からは浜田英宏県議のみの出席、寂しい限りであった。高知市議会から浜口市議中土佐町議会から佐竹町議が出席した。

二部の記念講演は有本香氏の講演であったが四万十市で所用があり、聞くことが出来なかった。