読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国側の「妨害弾」談話について

10日、中国国防省中国軍機が西南諸島上空で、航空自衛隊の戦闘機から妨害弾を受けたとの談話を発表した。

日本政府は菅官房長官がこれを全面的に否定した。

今朝、自民党国防議員連盟の来年度予算の勉強会があり、その質問が出たが、防衛省の答弁は「全くその事実はない」との事であった。

私は航空自衛隊OBに見解を聞いてみた。

OBは政府発表の通りだろうとの事であった。

もしも、自衛隊戦闘機がフレアー弾を発射したのであれば、基地へ戻った時に残弾を確認する、それを政府が隠したとしたら、今は隊員から何らかのリークがある。今回はそういう事がない。

この話を聞いて私は納得した。

中国はこれまでも事実と異なる嘘を何度も発信してきた。南京大虐殺などは、東中野修道氏などの日本の学者から完全に否定されたにもかかわらず、記念館を作って未だに日本批判を続けている。

これまで日本政府は、こういう中国の嘘報道に対して一々反論しない事があった。

今後は日本政府は毅然として一つ一つ反論していく事が大事だと思う。